看護師(Nursing)コース Bachelor of Nursing

オーストラリアの看護師には2つのレベルがあります。

  • 正看護師(Registered Nurse)
  • 準看護師(Enrolled Nurse)

正看護師(Registered Nurse)になるには学士または学士以上のレベルのコースで3年間学びThe Australian Nursing Council (以下ANC)で査定を受けます。学士に匹敵するレベルの3年間のディプロマでANCに査定をされることもあります。


正看護師は看護の分野で監督なしで責任を持ち行動することができます。


準看護師(Enrolled Nurse)になるには専門学校,大学またはTAFE 等でアドバンスサーティフィケイトまたはディプロマの3年以下(通常1年半から2年)のコースを終了します。コース期間は学校により異なります。


準看護師(Enrolled Nurse)は正看護師の監督と指示のもと看護の分野で行動できます。


オーストラリアで取得した看護師免許を日本の免許に書き換えたい場合,正看護師資格は日本の国家試験を受験する必要があります。

看護師(Nursing)コンバージョンコース(看護師免許を所持している場合)すでに他の国で3年間以上の教育を受け看護師免許を所持している場合は,オーストラリアで短期の看護師のコースを受講することによりオーストラリアの看護師として働けるようになります。このコースは通常1年間で,日本の看護師免許・看護師としての職歴証明等が必要です。入学時に必要な看護師としての職歴の長さは学校によって異なります。


看護師コース入学時に求められる英語力と学歴

看護師(Nursing)コース入学の英語基準は全体としてIELTS 6.0(アカデミックモジュール)が必要です。通常ライティング・スピーキングで6.0以上をとる必要があります。その他の基準としては3年間以上の教育を受け看護師免許を所持していること,看護師としての経験があること(学校により異なる)となっています。

看護士のコースは英語の要求が厳しく,コース開始後も英語が十分でないと授業についていくのが容易ではありません。大学付属のダイレクトエントリーコースやブリッジングコースを経て十分な英語力を身につけて本科コースへと入学する事が勧められています。希望の学校が決定している場合は、その学校の英語コースに行くとスムーズです。

英語力が基準に達していない場合、英語コースに引き続いて本科コースに入学することになります。平均的な英語コース受講期間は9ヶ月〜1年間ですがその後ダイレクトエントリーコースやブリッジングコース(10週〜20週)を経て本科コースへ進みます。それぞれの基礎英語力によって異なりますが、現地学生と方を並べて授業を受けることを考慮に入れて事前に十分の英語力をつけておくのが好ましいでしょう。


期間

正看護師(Nursing)コースは、3年のコースがほとんどです。
準看護師(Enrolled Nursing)コースは1年半から2年です。


アワード(取得できる資格)

取得できる資格は学士と期間、学校、コース内容により異なります。


永住ビザを視野に入れての看護師(Nursing)コース

現在、看護師は需要の高い職業です。そのため、看護師(Nursing)コースは、非常に人気のコースとなっています。

看護師として州のボードに登録するには高い英語のレベルが求められています。

看護師ボード登録時に求められる英語力

以下の英語テストの少なくとも一つにパスする必要があります。

  • Occupational English Test for Nurses(OET) においてすべての科目で”B”pass以上。全体としてpassしていること。
  • IELTS(アカデミックモジュール)においてすべての科目で6.5以上。全体として7.0以上。

2年間以上の学士のコースに行った場合はIELTS が免除されることがあります。この要求基準も州ごとに異なっていますので就学または滞在予定の州の看護師ボードでご確認ください。

ウェブ 

TRA www.anmc.org.au


Copyright © 2010 WANET. All Rights Reserved.