語学留学とは?

国際化が強調される中、多くの学生、社会人、親御さんが英語環境で使える英語を学び、習得することに注目しています。 その中でもオーストラリア留学が注目されている理由は、比較的よい治安、気候の良さ、豊かな自然があげられます。 都市によっては生活費の安さや、フレンドリーなオージーの気質等も多くの留学生がオーストラリアに決めた理由の一つです。 語学学校は年齢、性別、学歴、語学力等の制限は通常ありません。一番多いのは20代から30代の方ですが、40代50代はもちろん、退職してから語学留学している留学生も増えています。世界中から集まっている留学生と一緒にオーストラリアで 勉強してみませんか?


英語コースの主な種類

ほとんどの英語学校には,初級者から上級者の対応したコースがあります。コースには,ジェネラルイングリッシュ(General English)と呼ばれる一般英語コース,アカデミックイングリッシュ(Academic English)と呼ばれる進学希望の学生のための進学英語コース,ケンブリッジ検定を受ける人のためのケンブリッジコース(Cambridge Course),IELTSや,TOEFL検定を受ける人のためのコース,そして,ビジネスイングリッシュコース(Business Engllish Course)などさまざまです。都市,学校によっては英語+αのコースを作っていて,サーフィンやゴルフ,観光を英語を学びながら楽しめます。


コースの期間

学校,コースによって異なりますが,希望に合わせたコースを選ぶことができます。語学学校のコース期間は通常1週間〜52週間(1年間)です。習得希望レベル、目的により、コースを考え期間を絞りましょう。観光ビザ・ワーキングホリデービザでの就学可能期間は3ヶ月(12週間)までとなっています。

  コースの説明 入学条件 期間
General English
ジェネラルイングリッシュ
一般英語コースと呼ばれるものです。日常会話から、分法まで広範囲で使える英語を学びます。 一般英語コースにおいては、全くの初心者から上級者までクラス分けされているので、基本的に入学のための諸条件はありません。 期間は1週間〜1年間(52週間)です。
Academic English
アカデミックイングリッシュ
進学英語コースと呼ばれるものです。TAFE,カレッジ,大学進学希望の人は,入学するには一定の英語力が求められます。 (学校,学部によって異なります。)その架け橋となるのが,このアカデミックコースです。 通常、中級程度の英語レベルが求められます。 一般英語コースのように2週間以上1年間(52週間)のように期間を設定している学校と、12週間・ 1セミスター・1タームのように設定している学校があります。
Cambridge
試験対策コース
ケンブリッジ検定を受けるための準備コースです。試験合格に向けて,文法,リーディング, ライティング, スピーキング,リスニングを学びます。 入学レベル条件は検定試験レベルによって異なります。 学校・開始日により若干異なりますが12週が平均のコースの長さです。10週間、11週間コースもあります。
ケンブリッジ検定の種類 KET (Key English Test)
PET (Preliminary English Test)
FCE (First Certificate in English)
CAE (Certificate of Advanced English)
CPE (Certificate of Proficiency in English)
Business English ビジネスで使える英語を学びます。ほとんどのビジネスコースは、開始日が定められていて、それにより一貫した授業を行えるように取り計らわれています。 ビジネス英語コースに入るにはある程度の(通常、中級以上)英語力が求められます。 2週間〜6ヶ月くらいまでコースの長さはまちまちです。
*IELTS 準備コース そのIELTSテストのスコアーアップ目標をしたコースです。 ほとんどの学校はIELTSコース 受講最低基準(中級程度)が定められています。 期間は様々です。
英語+α コース 英語を学びながらアクティビティー(サーフィン・いるか・ゴルフ・観光所巡り等)を楽しんだり社会経験をつんだりするコースです。時期、州により、行えるアクティビティーが大きく異なっています。 入学レベルはほとんどありません。 通常2週間から12週間位で設定されています。

*オーストラリアでは,入学許可,永住権,何らかの協会登録などの申請のときに外国人には, 英語力の提示が 求められる事がありますが,その時にもっともよく目安に使われるのが,IELTS です。


入学申請に必要な書類

  • 入学願書 (申請書)
  • 中学・高校卒業証明書(一部コース)
  • パスポートコピーを必要とする学校も一部ある

学校,コースを選ぶには?

成功する学校・コース選びには欠かせないのが留学の目的です。まず自分の留学目的を明確にして考えましょう。

  学校 コース
短期語学留学(3ヶ月以内) 短期留学で英語同様オーストラリアを満喫したいならアクティビティーのたくさんある私立の英語学校選ぶ のはどうでしょう? 短期のコースで英語に慣れ,会話力をつけるには,自分の実力にあったレベルのクラスに入れてくれる ジェネラルイングリッシュ(一般英語)コースをお勧めします。
長期語学留学(3ヶ月以上) 英語力をしっかり身につけたい3ヶ月以上の留学には一貫した授業をする私立の英語学校や長期語学留学生の多い大学付属がお勧めです。 6ヶ月以上の留学を考えているなら検定試験を目標にしたり,何かサーティフィケイトをとることを目指したりするのも英語力を伸ばす方法の一つです。
検定試験準備 検定試験準備コースはほとんどの英語学校が行っています。受験したい検定試験(IELTS・TOFLE・ケンブリッジなど)専門のコースを設けている学校を探してください。 検定試験のレベルにもよりますが,たとえば,FCE(ケンブリッジ検定)などの場合,中級以上の英語レベルが必要です。そのコースのレベルに達していない場合はまずジェネラルイングリッシュ(一般英語)コースで勉強してから,検定準備コースに移ることになります。
進学(TAFE・大学)準備 進学希望の学校,コースが決まっているなら,進学先の付属英語コースに行くのが,近道かつ適しているといえます。まだ,希望進学先が決まっていないけれど,将来大学,TAFE,専門学校など専門分野を学ぶ予定なら,進学コースに力を入れている学校を選びましょう。 まだ,希望進学先が決まっていないけれど,将来大学,TAFE,専門学校など専門分野を学ぶ予定なら,通常アカデミックコースで入学規定の英語力を身につけます。
ワーキングホリデー・観光 ワーキングホリデーの方は,12週間までの就学が許されています。期間と,オーストラリア滞在予定にあったコースを選びましょう。私立の英語学校は毎週月曜日入学可能な学校も多数あります。 英語+αのコースで英語だけでなく、オーストラリアならではのスポーツやアクティビティーに挑戦するのも楽しいです。


どのレベルに入られる?

ほとんどのELICOS(英語学校)では初日にクラス分けのための実力テストがあり,その結果で英語力にあったレベルのクラスに入れます。
コース開始後レベルが自分に合っていない時はその旨を受け持ちの先生またはスチューデントカウンセラーに相談しましょう。

主なクラス分けの種類は以下のとおりです。学校によってクラス分けの段階の幅はそれぞれですが,クラス分けを細かくすることにより,学生のレベルに出来るだけあった授業を行うよう心がけている学校が多数あります。

Beginner ビギナー
Elementary 初級
Lower Intermediate 中級 初
Intermediate 中級 中
Upper Intermediate 中級 上
Advanced 上級
Copyright © 2010 WANET. All Rights Reserved.